次回のソーイング教室

次回のテーマソーイング
日 時:令和元年7月29日
    午前9:30〜
    講習料4,000円
   (材料費込)
作品:ブラウス
の予定です。
       

店舗案内

〒020-0121
岩手県盛岡市月が丘1丁目8−8
営業時間: AM9:00〜PM18:00
定休日:不定休
TEL:019-647-4015
FAX:019-647-4012
〒020-0121
岩手県盛岡市月が丘1丁目8−8
営業時間:
AM9:00〜PM18:00
定休日:不定休
TEL:019-647-4015
FAX:019-647-4012

いただいたお問い合わせなど、店番こぼれ話を綴ります。。。。。


■ キルト教室の内容・作品をご紹介させていただきます。 平成26年5月6日更新


社団法人日本手芸普及協会の指導員が指導をおこなっており、修了者は講師資格を取得できます。
作品1
いつも楽しく講習を行っております。

受講者様のご要望に沿った作品を受講内容に取り入れております。

毎月第1・3水曜日に講習をおこなっておりますので、お気軽にご連絡いただけたら幸いです。

■ お客様の作品をご紹介させていただきます。 平成28年4月24日更新


一部のみのご紹介で心苦しいのですが、お客様の作品をご紹介させていただきます。
作品1
おばあさまの着物をお母さまがジャンバースカートに仕立て直した一品です。
幼稚園の先生方もご感心されていたいました。
お子様も大喜びでした。



■ お客様の作品をご紹介させていただきます。 平成26年3月23日更新


一部のみのご紹介で心苦しいのですが、お客様の作品をご紹介させていただきます。
作品1
お客様がお孫さんの入学式のためにお作りになられた作品です。
丁寧でデザインも可愛く素晴らしい作品です。
お孫さんも大喜びでした。



作品1
可愛いバックです。
こちらの作品は毎週月曜日の講習会で作っております。
お子様のご入園・ご入学のプレゼントに最適です。
ご興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください。


作品1
当店のマスコットマネキンさんに新しいお洋服を作っていただきました。





■ いわて生活協同組合様より感謝状を頂きました。 平成25年10月14日更新


東日本大震災への復興支援により感謝状を頂きました。
作品1
当社ではメーカ様各社並びにお客様のご協力を頂き、いわて生活協同組合様のお力によって被災者・被災地支援の為、ミシンの提供などを行ってまいりました。

被災地の復興は、長い道のりですが、今後も当社にできうる限りの支援を続けていきたいと思います。

当社が少しでも被災された皆様への力になれればと考えております。

■ 第2回パッチワークキルト展 平成25年9月15日更新


県民会館にて開催されたキルト展の感想。
作品1
H25.8.29県民会館にて行われた第2回パッチワークキルト展を見に行きました。

当店にて行っているキルト講習の講師 西前勝子 先生も作品を出品されており、とても盛況でした。





■ 作品紹介 平成25年5月12日更新


お客様の作品を紹介させていただきます。
作品1 作品2
作品3 作品4
作品5 作品6

どれも素晴らしい作品でした。
キルト教室や洋裁教室の作品も多く載せていきたいと考えております。

■ 研究会への参加・作品紹介 平成24年7月15日更新


県内の某小学校の研修会に講師として参加させていただきました。
作品1
某小学校にて講和と実技実習をさせていただきました。

長年手がけてきたミシンの修理を参考に気が付いたことをお話しさせていただきましたが、先生方のご参考になれば幸いです。

実技実習では男性の先生もミシンに向かい素敵な作品を完成させていらっしゃいました。



作品を紹介させていただきます。
作品1
ウェーブロックを使用した作品です。

とても可愛らしいTシャツです。









作品2
刺繍ミシンと4本ロックを使用した作品です。

元気なお子様にとてもお似合いなスーツです。









作品3
刺し子ミシンを使用した作品です。

とても上品な感じのスーツです。









■ 作品紹介 平成24年6月10日更新


お客様の作品を紹介させていただきます。
作品1
JUKI 職業用本縫いミシン
SL−300EX

ベビーロック ロックミシン
糸取物語wave BL69WJ

を使用して作成された帽子です。
リボンや花などワンポイントがとてもオシャレで
お客様のセンスが光る作品です。



作品1
ロックミシン講習会の後、講師の松永律子先生に難しいところ等を熱心にお聞きになっていらっしゃいました。

とても丁寧で素晴らしい作品です。

作品1

先月ご紹介させていただいたお客様の作品です。
もうイノヴィスM200を使いこなされていて、とても驚きました。
帽子のつばの部分への刺繍は難しいのですが、とてもきれいに完成されていました。

本当に素晴らしい作品です。
まだまだ紹介したい作品があります。新規の作品も大歓迎です。
皆様の作品を当店ホームページにて紹介させていただけたら幸いです。

■ 作品紹介 平成24年5月12日更新


お客様の作品を紹介させていただきます。
作品1
当店にて刺繍ミシン
ブラザー イノヴィスM200
をご購入して下さったお客様の作品です。

ミッキーが大好きなお客様で
作品からも愛着が伝わってきます。

とても素晴らしい作品です。

■ 作品紹介 平成24年4月9日更新


お客様の作品を紹介させていただきます。
作品1
・リボンの継ぎ合わせバック
・帯の端を縫い合わせたバック
・着物の八掛やビーズで作成したバック
・娘様の昔のワンピースを半袖に縫い直したものです。

 お客様の力量に感服いたしました。
作品2
ワイシャツを縫い直して作成したエプロンです。
作品2
こちらもワイシャツを縫い直して作成したエプロンです。
花のワンポイントを散らしております。

どれも素晴らしい作品でした。
まだまだ紹介したい作品があります。
お客様の作品へのコメントも詳しく書けるように近々ホームページのレイアウトを変更したいと思います。

■ 作品紹介 平成24年3月11日更新


キルトミシンの講習会で作成した作品を紹介させていただきます。
作品1
キルトで作成したバックです。
花柄のキルトがアクセントになってとてもおしゃれです。
作品2
こちらもキルトで作成したバックです。
難しそうな図柄ですが講習ではわかりやすくお教えしております。

キルトミシン講習会は毎月第1・3水曜日におこなっております。
ご興味のある方はご連絡をお待ちしております。

■ 作品紹介 平成24年2月28日更新


当店にてロックミシンの講師をしてくださっている松永律子先生が刺し子ミシンで作成した
作品を紹介させていただきます。
作品1
刺し子ミシンで図柄を刺繍して縫いこんだジャケットです。
刺繍がアクセントになってとてもおしゃれな作品です。
作品2
刺し子ミシンで作成したキルトです。
どなたでも簡単に美しく作成できます。
作品2
キルトも沢山の図柄が作成できます。

近日中に当店にて刺し子ミシンの講習会を開きたいと考えております。
刺し子ミシンにご興味のある方はご連絡ください。

■ お客様の作品紹介 平成24年2月5日更新


この場を借りてお客様の作品を紹介させていただきます。
更新に間が空いてしまいまして申し訳ございません。
まだまだ紹介したい作品がありますので随時紹介させて頂きたいと考えております。
お客様の作品1
フラダンスを習っていらっしゃるお客様の作品です。
初めての作品とは思えない力作でした。
お客様の作品2
ハワイアンキルトで作った巾着です。
とてもきれいな色合いで本当に素晴らしい作品です。

本当に素晴らしい作品でした。
これからもお客様の作品を当店までお持ち下されば幸いです。

■ お客様の作品紹介 平成23年9月18日更新


この場を借りてお客様の作品を紹介させていただきます。
まだまだ紹介したい作品がありますので随時紹介させて頂きたいと考えております。
お客様の作品1
東日本大震災の際に被災地にお持ちした支援物資の一部です。
作品を提供してくださった方々に感謝いたします。
お客様の作品2
飼い主のお客様のTシャツをワンちゃん用に仕立て直した作品です。
お作りになったお客様の力量がわかる本当に素晴らしい作品です。

どの作品本当に素晴らしい出来です。
これからもお客様の作品を当店までお持ち下されば幸いです。

■ 被災後3ヶ月を振り返って


平成23年3月11日の昼過ぎのことでした。
何気なく時を過ごしていた時に強い地震を感じたのが全ての始まりでした。
その後のニュースで入ってくる沿岸部の被害の凄まじさと悲惨さには呆然とするばかりでした。
私たちが存命中にこれほどの災害を体験することなど誰が本気で予想したでしょうか?

やがて途絶えていたライフラインも復旧しやや落ち着いてきた頃、手作り愛好者のお客様も少しづつ安否確認にご来店してくださるようになり、誰からともなく「自分達も少しでも何かの役に立てないか!」と相談して有志の方々で手作りバックでも作って被災者の方に使っていただけるようにと話がまとまり活動することにしました。

その後バックに入れる支援物資を提供される方他、作りためていた手作り作品を持ち寄ってくださるなど協力してくれる方々もいらっしゃるようになりました。
しかし品数に限度があり少人数にしか対応できないため支援の方法もバック同様手作りで自分たちの手で手渡ししてゆくようにしました。

話は変わりますがその後支援所からの仲介者のご依頼で枕や袋物の制作を依頼された方からミシンの修理や使い方などをご相談されるようになりました。
私たち同様何かお役に立ちたい一心で無理をして体調をくずされたお客様もおりました。

安価なショップなどで100円・200円で調達できる物資でも手作りするとなるとそれなりに大変なことで作る方々は少しでもいいものを作り喜んでもらおうと一生懸命なのです。

私たち有志の方々は支援というより気負うこと無く日々の勉強のつもりで作品をつくり結果として誰かに喜んでいただけるよう心がけて活動したいと願っています。

被災地の方々のお見舞いとご懸賞・復興をお祈りすることはもちろんですが少しでも永くこのような活動を続けていくためには手作りバックの中に入れる支援物資も大切ですがそのバックを包みこむ少し大きめサイズの心のバックも大切なのではないでしょうか?

長い道のりになると思いますが少しづつでも被災した方々の傷みを心にとめて日々生活したいと思います。
また、これまでに活動に賛同し志を共にしてくれた方々に敬意を込めて心より感謝致します。

岩手ミシン商会
手作り愛好会 有志一同

■ 講習会こぼれ話


2月の講習でショート丈のマントを作成した受講者様がいらっしゃいました。
素材がツイードということもあり少々難儀し時間はかかりましたが受講者様の頑張りで見事に完成する事ができました。
その後マントを着て外出すると振り返って見る方がいるそうで嬉しそうにお話しておられました。
そしてまた同じマントを作成したいとのご注文を受け次の講習で作成する事となりました。
その講習では前回よりも早い時間で仕上げられてお帰りになりました。
受講者様の飲み込みの速さに驚いたのと同時に喜んでいただけた事に嬉しい気持ちになりました。

■ 玉山区公民館祭り


洋裁コースの発表会の見学に行ってまいりました。
見覚えがあるお名前の生徒様の作品も多く楽しく見学させていただきました。
公民館祭り1
公民館祭り2
公民館祭り4
公民館祭り5

どの作品も高級感があり生徒様や先生の日頃の努力を感じました。
みなさん本当に素晴らしかったです!

■ ミシンと教育現場


当店では、学校関係の点検や修理などよく頼まれますが、先ごろ雫石町の小学校の家庭科のオブザーバーとして
授業に参加させていただきました。
下糸巻きや上糸かけ、縫い地のサンプル作りなど、あまり先には進めませんでしたが、一生懸命な子供達と楽しい時間
を過ごしました。
また、家庭科担当の先生方のご苦労も身近に感じることができて有意義な一日となりました。

今回、生徒様や先生方には貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございます。

■ 「ミシンを楽しんで使って欲しい」という想いと「技術」は負けません!!


今年の暑さも一段落したある日、若いお客様がミシン修理のご依頼で当店にご来訪されました。
ミシンを見ると若い人達が好みそうな人気のキャラクターの絵が付いた小さめのミシンでした。

お客様曰く

・量販店で買ったのでアフターサービスも安心かと思った。
・自分の予算内で買える値段であった。

為にご購入なさったそうです。
そのミシンが故障してしまい買った量販店に持っていくと「当店では修理はしません、販売だけです。」と言われ不愉快な思いをしながら持って帰ってこられました。
では、ミシン屋さんだったら直せるかと考えて他店に行くと「そのミシンは、使い捨てのミシンですよ。」と言われて新しいミシンを紹介されたそうです。
お客様も相当お悩みになられていたようで、回りまわって当店にお持ちになられ修理が完了すると「本当に直ったんですか!」と嬉しそうな声で驚かれていました。
どうかこれからもミシンを楽しんでください。

今回は自慢話のようで恐縮でした。

■ 6月(黒スカート)・7月(黒レースブラウス)の講習の型紙を使ってブラウススーツを作ってみました。


チャコールブラウススーツ

材質はポリエステルで色はチャコールグレイです。 ちょっとしたお呼ばれの席にも利用できて衿は着る方の工夫次第で色々なバリエーションが楽しめるように作りました。

Yさんの作品

こちらはYさんの作品です。 ラメ入りの布地でバイヤス裁のスカートを作ってみて色々と勉強になることがありました。

Yさんの作品

残りの布でコサージュを作ってつけてみました。 Yさんもイメージ通りに出来て喜んでいました。

お店にはパンツに適したストレッチ生地が入ってきました。 ぜひご来店して見てみて下さい。

■ 嬉しくなった日


お店の前で雑巾を洗っていると、後ろからバイクの音がしてきました。
振り返ってみるとバイクに乗った年配の女性が不思議そうな顔をして「ここはミシン屋さんだか?」と尋ねてこられます。
私が「そうですよ。」と答えると聞きたいことがあるとの事なのでお店の中に案内しました。

お話を伺うと、ミシンが故障して困っていたら知り合いから岩手ミシン商会に行けば直してくれるとお聞きになったそうです。
八十歳近い年齢だとおっしゃっていましたが、バイクに乗り移動されている姿はとても健康的で若いお祖母さんでした。

それから一頻りご自身のお話をお聞かせ下さいました。

本当は学校に行って勉強したかったが父親に「女子は学校より手に職を付けろ。」と言われ和裁を習い、浴衣や着物を縫って稼いできた事。
嫁にでる時に父親から高価な足踏みミシンを持たせてもらい、農作業の傍らでミシンを踏み子供達の服を縫ってあげた事。
今でも納屋にその足踏みミシンがあり、今は旦那様が縫い物をされているそうです。

現在ご使用されているミシンは二十年数前に旦那様から贈られた、当時一番新しい刺繍機能付きコンピュータミシンでした。
解らないことは説明書を読んでミシンの機能を使いこなし頑張ってきたが、ついに故障してしまったそうです。
機能を使いこなせずミシンを諦めてしまう方も多い中ですごいことです。

しかし、直してあげたくても古い年式のミシンなのでどうにもならない時があります。
詳しく故障状況をお聞きすると大事なところは生きているようで何とか直せそうでした。

「直せると思いますよ。」と答えると嬉しそうなお顔をされて、そのミシンを今度お持ちいただくことになりました。

古いミシンを大事に使ってくださるお祖母様にお会いして嬉しくなった日でした。
当店を選んでくださったお祖母さま並びに紹介してくださった知り合いの方、ありがとうございました。

■ 夏休み


暖簾

先日、お祖母ちゃんの好きな縫い物ミシンに興味を持った小学3年生の女の子が夏休みの自由研究にミシンについて調べに来ました。

明治時代の手廻しミシン。
直線縫いの足踏みミシン。
フットコントローラー踏んで縫う電動ミシン。
直線縫いだけではなく、ジグザク縫いも出来るミシン。
手元のボタンを押すだけで動く電子ミシン。
また近年では直線縫い・ジグザク縫いの他に刺繍もできるコンピューターミシン。
とミシンの歴史を説明しました。

その中でも刺繍のできるミシンに興味を持ち、”残暑お見舞い申しあげます。”と刺繍した暖簾を作ることになりました。
文字を選んだのはお孫さん、刺繍したのは御祖母ちゃん、そして出来上がった暖簾はお店を営んでいるママの所に飾ることになりました。
覚えの早い子だったので、すぐにオリジナル刺繍もできるようになると思いました。

■ 感心しました。


今、私達は、いつも新しいロックミシンをさわっていて、より簡単できれいに仕上がるのに見慣れていましたが、先日20年も前の、糸かけが複雑で、糸調子が取りづらいロック ミシンの修理が入ってきました。このロックで、自分の洋服、ご姉妹の洋服、今はお孫さんの物とずーと使ってきたので修理をして使いたいとの事。見てびっくり、誰が見ても もう新しいのにしたら良いのにというぐらい使い込んでいました。やはり言われたそうです。
人の5倍も10倍も使っているので新しくしたら。と
でも使い慣れたロックなのでと言うので、修理に取り掛かりました。 まず、破損してガムテープで止めているところを取って加工したり、部品を交換したり、 クリーニングと修理をしている途中、もう大変で分解したまま投げ出したくなりましたが、 お客様が今までこのロックで頑張ってきたと思うと、自分たちも、頑張らなくてはと思い 長時間はかかりましたが、完了することができました。
お客様に連絡すると、直ったんですかと驚いていました。 次の日、ご主人様と一緒に見えて。いろいろと使い方。糸。針。の事。綺麗に仕上げる方法 と 1時間ぐらい説明していると。大変感激されて、今まで何十年こんなに綺麗にロックを掛けられた 事がなかったと、修理代のほかに、講習料をお支払いしたいと言われて、修理をする事が出来て良かったと思いました。 本当に自分達より年配で昔より使っている方はどんなに不自由でも、自分のものとして一生懸命頑張ってだろうと感心いたしました。

■ ちょっとびっくり


お客様の問い合わせで、10年前にいつか使うと思って買っていたミシンを今初めて開けて出したけど、上糸かけがわからない・・・ 下糸巻きのやり方がわからない・・・ボビンのセットがわからない・・・と。
説明書を見て自分でやって今度は壊したら心配と言われて本当に困ってしまいました。
お客様にミシンを電話口に持ってきてもらって、電話で一つ一つやってもらったらできそうな感じがするとのこと。 壊れても良いのでちゃんと修理するから心配しないでいじりまわしてみてくださいとお話をした。
次の日、「修理してもらえるというので安心してあれからずっと使っていたら、縫えるようになりました。ありがとうございました。」と電話をいただきホッとしました。